デイサービスで働く看護師

日本は高齢化が進んでいる国なので、介護関連の施設の数が年々増えてきています。そのため、看護師の働く場所は医療機関ばかりではなくなってきています。

 

介護関連施設の中でも、デイサービスで働く看護師の役割は何かというと、

 

・バイタルチェック
・薬の管理
・食事、入浴などの介助

 

このような仕事を行っています。この仕事内容を見てわかるように、医療行為を行うことはほとんどありません。そのため、ブランクがあったり復職を考えている看護師、自分のペースでゆっくり働きたいという看護師でも安心して働ける職場です。病院での仕事に比べるとラクなようにも思えますが、デイサービスで働く看護師は通常一人で勤務することが多いため、責任感を持っていなければ仕事が務まりません。病院での看護業務とは異なりますが、とてもやりがいのある仕事なのです。

 

今後さらに施設の数は増えていき、看護師が求められるようになってくることが予想されます。介護職に興味のある方や、人とのコミュニケーションを取ることが得意な方は、デイサービスでの仕事にも注目してみてはいかがでしょうか。

 

介護の仕事は先ほど書いたように一人で勤務することになることが多いですが、その反面、子育てのために時短勤務が出来たり16時までの勤務など融通が利くことが病棟勤務よりいいところだと思います。
ブランクがある・復職が心配・子育てと仕事の両立働きたいと考えている方は看護師の子育てナビ | 仕事との両立や産休からの復職のコツをチェックしてみてはいかがでしょうか。

デイサービスでの看護師の医療行為

看護師として働く方の多くは医療機関で勤務し、医師の指示のもと治療や処置などの医療行為を行っています。デイサービスで働く看護師も利用者に医療行為を行うかというと、ほとんど行うことはないようです。デイサービスを利用している高齢者の方は、病気を抱えている方ではなく元気な方たちばかりです。そのため、看護師が医療行為を行う必要がないのです。

 

看護師がデイサービスで求められることは、利用者への医療行為ではなく、健康で過ごせるための観察です。バイタルチェック・食事や入浴の援助を行うことで、利用者の様子を観察して健康であるかどうかの確認を行います。医療行為を行うとしても簡単なものばかりで、

 

・血糖測定
・インシュリン注射
・服薬管理
・ケガをしたときの処置
・摘便、浣腸

 

この程度の事しか行わないのが一般的でしょう。そのため、看護師は一人で勤務する場合が多いのですが、判断に悩んだり医療行為で苦労することはないでしょう。一人での勤務に不安を抱えている方も、その点については心配する必要はないかと思われます。